ご来院の方へ

ご来院の方へ

院長挨拶

とよかわ整形外科リハビリクリニック院長 豊川 成和

当院、「とよかわ整形外科クリニック」(旧名称)をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。平成28年10月より、当院では理学療法士によるリハビリを開始いたしました。おかげさまで、ほぼ毎日リハビリ予約でいっぱいとなり、当日飛び込みの患者さまにはなかなかリハビリを受けていただけない状態が続いております。

「整形外科医ではすぐに手術をすすめる」と、ある患者さまがおっしゃっていました。私自身、勤務医であった頃は「投薬・神経ブロックして効かなければ、手術」と簡単に考えておりました。ところが、クリニックを開設して思ったのは、やはり「誰一人として喜んで手術する人はいない」という極めて単純な論理です。そして、手術をしなくなった私ができること、それは「手術をすることなく、どこまで症状を改善できるか」を追求することではないでしょうか。もちろん、手術予定の患者さまには、術後のリハビリにスムーズに移行できるよう術前リハを充実させていきます。

この考えを実現するため、この度、聞いてすぐリハビリに注力したクリニックであることを理解していただけるよう、「医療法人 とよかわ整形外科リハビリクリニック」と名称を変更し、さらに十分なリハビリスペースを確保するために、思い切って移転いたしました。こうした私どもの姿勢が、患者さまにきっと喜んでいただけるものと自負しております。痛みやケガなどでお悩みの方は、ぜひ一度、ご来院ください。

今後とも、地域の皆さまに頼られるクリニックを目指し、日々努力してまいります。

とよかわ整形外科リハビリクリニック院長 豊川 成和

若いスポーツマンの方へ

まだ身体が成長過程にある小学生・中学生は、痛みをこらえてまでスポーツに没頭するのは危険だと考えます。中学生までに大きな故障を起こしてしまうと、状況によってはその先スポーツができなくなる可能性があるからです。
少年選手たちを指導する立場の方の考え方にもよりますが、できればいわゆる“昔ながら”の根性トレーニングではなく、新しい運動理論に基づいた身体に無理のないトレーニングで心身を守りながらスポーツに励んでほしいと思います。

高齢者の手術について

「手術をすすめられているが、迷っている」という高齢の患者さまは多くおられ、私自身も考えてしまうことがよくあります。皆さま、「できることなら手術はしたくない」と……。
そこで、「身の回りの範囲で動けるならそれでいい」という方に対しては、まず身体の状態を精査し、必要最低限の治療(注射など)とリハビリで回復が見込める場合、「その方向でいきましょう」とお話しします。
しかし、登山やスポーツといった活動を行うために通常以上の筋力や体力の回復を求める方に対しては、やはり手術とリハビリでしっかり治療することをおすすめします。
ただ、リハビリに耐えられないほど筋肉が落ちているケースなどもあり、その場合はなるべく適切な時期に手術を行い、術後のリハビリで回復を目指すことも有力な選択肢の一つとなります。
「手術をするか・しないか」という一見単純な選択ですが、患者さまの健康寿命を考えるとそこにはさまざまな要素が絡んできます。手術については十分な検討が必要であり、そこで私も経験上の知見や持てる技術をすべて投じ、患者さまとコミュニケーションを重ねて方針を出すよう努めています。

院長略歴

平成4年3月 大阪府立大手前高校 卒業
平成7年4月 神戸大学医学部医学科 入学
平成14年3月 神戸大学医学部医学科 卒業
同4月 神戸大学医学部整形外科教室 入局。以後、同教室の研修プログラムに則り、研鑽を積む
平成18年4月 神戸大学大学院 進学。上肢グループの一員として研究にあたる
平成22年 医学博士号取得
同4月 兵庫県たつの市の信原病院に勤務。以後3年間、日本の肩治療のパイオニアである信原克哉先生に師事し、数多くの肩関節疾患治療を経験
平成29年5月1日 医療法人とよかわ整形外科リハビリクリニック移転開院

資格、所属学会など

資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リハビリ医
所属学会 日本整形外科学会
日本肩関節学会
日本肘関節学会
日本手外科学会
中部日本整形外科・災害外科学会

医院紹介

医療法人とよかわ整形外科リハビリクリニック
医院名 医療法人とよかわ整形外科
リハビリクリニック
診療科目 整形外科/リハビリテーション科
所在地 〒574-0011
大東市北条2-19-1
最寄り駅 JR片町線(学研都市線)「野崎」駅
駐車場 12台

診療時間

診療時間
9:00~12:30
16:00~19:30
リハビリ                
9:00~13:00
16:00~20:00

木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
※初診の方は午前12:15/午後19:15までにお越しください。
※リハビリ予約券をお持ちの方は予約時間10分前にご来院ください。

アクセス

電車でお越しの方

JR片町線(学研都市線)「野崎駅」より川沿いを北東に道なりに徒歩約10分

お車でお越しの方

国道170号線「野崎交差点」を北に進み、一つ目の交差点を(西に)左折

※旧クリニックより西へ50m

院内紹介

外観

外観

移転して新しくなった、とよかわ整形外科リハビリクリニック

駐車場

駐車場

広めの駐車場を完備。全12台駐車可能で、うち身障者用2台、軽自動車用4台

受付

受付

患者さまが最初に立ち寄る場所。いつでも受付スタッフが笑顔でお迎えします

エレベーター

エレベーター

車椅子で乗っても余裕の9人乗りの大型タイプ

待合室

待合室

混み合ってもリラックスしてお待ちいただくために、広めの待合室を設備

診察室

診察室

担当医がモニターで検査結果を解析したり、模型を使って病状を説明したりと、ここで医師と患者さまが診療についてやりとりします。気になることがあれば遠慮なくご相談ください

リハビリテーション室

リハビリテーション室

より多くの患者さまのリハビリを同時に行えるように、広々とした専用スペースを設けました。理学療法士の指導を受けながらリハビリを行っていただきます

リハビリテーション室

リハビリテーション室

ここには患者さまのリハビリをサポートする各種機器や道具などが揃えてあります。その日のプログラムに応じて、ご利用ください

検査機器

検査機器

骨粗鬆症用、
骨密度検査測定器 GE社製 PRODIGY Fuga-C

腰椎と大腿骨近く部位を、被ばく量の少ないX線を使用して直接検査する機器です。
患者さまは機器に寝ているだけで、従来の手の骨による検査に比べてより正確な骨密度が測れます。

dummy

スロープ

建物の玄関前に設けたスロープにより、車椅子でスムーズにクリニックに出入りすることが可能

dummy

処置室

医師の指示により、さまざまな処置が行われるスペース

dummy

トイレ

車椅子でも使いやすく設計したトイレ。もちろん一般の患者さまも快適にご利用いただけます